処方せんの有効期限にご注意!

みなさん、こんにちわ!ゆずりは薬局の大谷です。

12月にも入り寒くなってきましたね。

 

さて今回は処方箋の期限について解説していきます。

以前こんなツイートをしました。

意外と知らない方もいらっしゃると思いますので是非一読ください。

処方せんの期限は4日

意外と知らない方もいらっしゃるのですが、処方箋の期限は4日です。それ以降は何の効力もない紙切れになってしまいます。

この画像の通り、処方箋の期限はそのもらった日付を含めて4日間となります。

僕の新人の頃は(期限が4日だから…4日足して…)とか思っちゃってましたが、それは大きな間違いです。

もう一度言いますが発行日を含めて4日間です。

ここで注意が必要なのはその4日間には土日も含みますのでご注意ください。

 

処方せんの有効期限は延ばせるのか?

よく患者様からのご相談で「忙しくて薬局にいけなかった」「忘れていた。期限は延ばしてもらうことができるのか」などのご質問を受けます。

結論から言いますと

🌱

処方箋の有効期限は延ばせません!

「他の薬局では延ばしてもらったよ」との声もお聞きしますが、できません。それは違法となります。

 

有効期限が切れてしまい、同じ薬をもらう場合は、再度病院へ行っていただき再発行してもらう必要があります。

その場合は保険適応がされず、自費での扱いになりますので十分ご注意ください。

 

切れないための対策

とりあえず処方箋を薬局に渡しておく

4日以内に薬局へ処方箋を持っていただき、受付を済ませておけば、4日間を過ぎたとしても薬を後日お渡しすることができます。ただ、4日間という期間はあくまでも現在のお体に合わせた処方となり、体調は刻一刻と変わっていきますので、やはりおはやめの受け取りを推奨します。

事前に医師と処方箋の期限の延長を相談する

どうしても急ぎの用事で4日以内に薬局へ行けない場合など、事前に医師と相談することで場合によっては期限をあらかじめ延長していただけるケースがあります。一度相談してみてはいかがでしょう。

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました